本文へジャンプ

先進の技術と豊富な知見を用いた車載機器やサービスの開発で、変革の時代を迎えた自動車産業を支援

当社の豊富な開発経験と知見を生かし、車載品質の確保、AI活用、人とクルマのコミュニケーションの実現、移動体通信対応など、自動車産業が抱える車載ソフトウェアに関するさまざまな課題の解決を支援します。

自動車産業を取り巻く課題

自動車IoTの課題

自動車IoTソリューション

自動車産業における課題

1.車載ソフトウェア品質確保のためモデルベース開発の導入が急務

2. 性能向上のため高品質な機械学習教示データが必要

3. 自動運転やシェアードカーで重要度が増す乗員と自動車との間でのコミュニケーション

4. 刻々と通信条件が変化する移動体通信でのコネクテッドサービス実現

矢印

導入効果

1. 車載品質を満足するAutomotiveSPICE等の標準に準拠したモデルベース開発の実現

2. 画像認識技術に用いる高品質なAI・機械学習用教示データの確保

3. エッジ単独で動作しクラウドに拡張可能な音声対話システムの実現

4. 移動体通信でのフロー制御やセキュリティ対策の実現

ソリューションカテゴリと主な掲載内容


トピックス

セミナー分散・連成シミュレーションプラットフォームVenetDCPによる共同デジタル試作(オンラインセミナー)を開催
10月23日(金)に「分散・連成シミュレーションプラットフォームVenetDCP」のオンラインセミナーを開催致します。
⇒ご案内・ワークショップ内容
セミナー東芝のAIを活用したセンシング最新テクノロジーの紹介(オンラインセミナー)を開催
10月16日(金)に「東芝のAIを活用したセンシング最新テクノロジーの紹介」のオンラインセミナーを開催致します。
⇒ご案内・ワークショップ内容
セミナー人とくるまのテクノロジー展 Web版ワークショップ掲載
10月9日(金)から12月下旬まで、自動車技術会の「人とくるまのテクノロジー展WEB版の技術情報ガイドブックサイトに 「分散・連成シミュレーションプラットフォームVenetDCP」のワークショップ紹介動画コンテンツを掲載致します。
⇒ご案内・ワークショップ内容
プレスリリース自動車業界向け「分散・連成シミュレーションプラットフォーム」の販売を開始
~遠隔での共同デジタル試作を可能にし、アフターコロナを見据えた新たな自動車開発を実現~
7月9日(木)より自動車メーカーや部品サプライヤーで普及が進んでいるモデルベース開発を進化させ、サイバー空間上で企業の枠を超えた車載システムの共同デジタル試作を可能にする「分散・連成シミュレーションプラットフォーム」(以下、VenetDCP注1)の販売を開始します。
⇒詳しく見る
イベント人とくるまのテクノロジー展2019横浜(パシフィコ横浜)
5月22日(水)から24日(金)までの3日間、「人とくるまのテクノロジー展2019横浜」に出展致しました。
⇒ご案内・出展内容
ご報告第8回 IoT/M2M展 2019年春(東京ビックサイト)
4月10日(水)から4月12日(金)までの3日間、東京ビッグサイトにて開催された「第8回IoT/M2M展」に出展致しました。
⇒詳細はこちら
ご報告第29回 設計・製造ソリューション展(東京ビックサイト)
6月20日(水)~6月22日(金)において開催された【第29回 設計・製造ソリューション展】に出展しました。
⇒出展レポート(動画でご紹介)
ご報告人とくるまのテクノロジー展2018(横浜)
5月23日(水)~25日(金)において開催された【人とくるまのテクノロジー展2018】に出展しました。
⇒出展レポート
プレスリリース次世代車載機器向けソフトウエアプラットフォーム「Next CGW」の販売開始について
本製品は、自動車や二輪車などの輸送機械や、建設機械、農業機械などの車両や機械・機器で行う移動体通信において、IoTデータを扱う車載機器向けの次世代テレマティクスを実現するための通信制御ソフトウエアプラットフォームです。
⇒詳しく見る

分散・連成シミュレーション

Get Adobe Reader

PDFファイルの閲覧には、
Adobe® Reader® が必要です。別ウィンドウで開きます

別ウィンドウで開きますマークの付いたリンクは、別ウィンドウで開きます。