本文へジャンプ

メディアのための顔認識AI
カオメタ

活用シーン

顔認識AI「カオメタ」は、テレビ局などのメディアで行われている報道部門での被写体確認、アーカイブへのメタデータ付与、コンテンツマルチユースの権利処理など、「映像に映っている人を特定」するさまざまな業務をサポートします。

[イメージ] カオメタの活用

活用事例

日本テレビ放送網株式会社様

 2019年に実施された参議院選挙や皇居正殿にて挙行された即位礼正殿の儀における報道番組の制作現場にて、カオメタをご利用いただきました。
 参議院選挙では、認識率99.74%の精度を達成し、誤報ゼロに貢献しました。また、チェック作業の効率化により、チェック時の人的リソースの削減と担当者の精神的な負担の軽減を図りながら、放送素材のオンエア率倍増を実現しました。

別ウィンドウマークの付いたリンクは、別ウィンドウで開きます。