本文へジャンプ

ものづくり情報プラットフォーム Meister DigitalTwin™

製品ライフサイクルのビジネスデータと現場のファクトデータを精緻に結び付けバリューチェーンの最適化へ向けたものづくり⽤ビッグデータを蓄積

バリューチェーンを最適化する次世代ものづくりを実現するためには、現場からマネジメントまでのリアルタイムな情報結合(垂直結合)と製品ライフサイクルに関するシームレスな情報結合(⽔平結合)を⾏う、新たな情報プラットフォームが不可⽋となります。幅広いものづくりの経験から導き出された汎⽤的なデータモデルと統合ビッグデータ基盤を⽤いて、製品ライフサイクル全般に関わるデータの⾒える化や分析を可能とする統合情報活⽤プラットフォームを提供します。

ものづくり情報プラットフォーム Meister DigitalTwin(デジタルツイン)

ものづくり情報プラットフォーム Meister DigitalTwin

特長

  • 製品ライフサイクル全体をカバーし、経営と現場を繋ぐデータ活⽤をサポートするデータモデル
  • 製造現場からマネジメントまでリアルタイムで情報をつなぐことで、現場の状況が経営層にまで即時に伝わり意思決定に活かすことが可能(情報の垂直結合)
  • 製品企画・設計・⽣産・運転・保守のプロダクトライフサイクル全体のデータをつなぐことで、製品の使われ⽅を把握し製品企画に役⽴てるなど、プロダクトライフサイクル全体での最適化が可能(情報の⽔平結合)
  • データの加⼯・管理の⼿間と期間を削減
  • 様々な種類のデータをビッグデータ基盤上で効率的かつ⾼速に紐付けを⾏うための汎⽤データコンバータを提供しデータの収集とデータの利活⽤(分析、⾒える化等)の橋渡しを強⼒にサポート
  • デジタル写像空間上で製品ライフサイクル全体をカバーするデータモデルを活⽤することで、サイロ化した情報のデータ処理に要する期間を⼤幅に短縮することが可能
  • ビッグデータの⾼速処理が可能

社会インフラ等でも活⽤されているビッグデータ処理基盤を活⽤することで、様々な装置・センサーから出⼒されるミリ秒単位の⼤容量データを⾼速に処理することが可能

商品・サービス構成

ものづくり情報プラットフォーム Meister DigitalTwin(デジタルツイン)商品・サービス構成

ものづくり情報プラットフォーム Meister DigitalTwin商品・サービス構成

次世代ものづくりソリューショントップへ

Get Adobe Reader

PDFファイルの閲覧には、
Adobe® Reader® が必要です。別ウィンドウで開きます

別ウィンドウで開きますマークの付いたリンクは、別ウィンドウで開きます。