本文へジャンプ

ソリューション概要

ソリューションの位置付け

東芝のIoT SPINEX(スパインエックス)は、東芝のAI・デジタル技術に、幅広い事業ドメインの経験・知識を結集させ、リアルで収集したデータをデジタルで分析し、現場を最適制御するCPSを実現します。Meisterシリーズは、「東芝のIoT SPINEX」のものづくり領域における製造業向けソリューションです。
東芝グループで培った生産技術や製造ノウハウを結集し、製造業におけるIoTデータの収集・蓄積や効果的な活用を実現し、更なるものづくり改革を支援します。

ソリューション提供のコンセプト

ソリューション構成

お客様の課題に応じて、必要なソリューションを組み合わせ、ご利用いただけます。Meisterシリーズ専用の開発環境としてMeisterVisualizer Toolsを提供、お客様やパートナー様でのアプリケーション開発が可能です。

ソリューション構成

ものづくりIoT ソリューションMeister シリーズ

活用

ものづくりIoTデータ活用ソリューションMeister Apps

Meister Apps

ものづくり情報プラットフォームMeister DigitalTwinにつながり、目的に応じた軸での分析や、トレーサビリティなどIoTデータの価値をさらに高めるソリューションです。DigitalTwinと連携したアプリケーション群に加え、データ活用のコンサルティング、最新AI技術の活用も含めたデータ分析ツール・サービスを提供します。

ものづくりIoT開発キット

Meister Analysis

Meisterシリーズが提供するAPIやテンプレート等を利用し、Meister DigitalTwinのデータを活用するアプリケーションを開発するためのキットです。

蓄積

ものづくり情報プラットフォーム

Meister DigitalTwin

バリューチェ一ンを最適化する高度なものづくりを実現するためには、現場からマネジメントまでのリアルタイムな情報結合(垂直結合)と製品ライフサイクルに関するシームレスな情報結合(水平結合)をサポートする新たな情報プラットフォームが必要です。幅広いものづくりの経験から作り上げた統合データモデルと高速ビッグデータ基盤を用いて、製品ライフサイクル全般に関わるデータの見える化や分析を可能とする統合情報活用プラットフォームを提供します。

収集

製造業向けIoTデータ収集ソリューション

Meister IoT

さまざまな製品 ・ 装置をネットワークに接続し、エッジでリアルタイムに高度な処理を実現するソリューションです。後付け、外付けで製品・装置等にセンサーや通信機能を容易に追加し、データの収集を実現します。また、エッジで処理することで、クラウドコンピューティングだけでは難しかった現場側でのリアルタイム処理が可能となります。

ソリューションスイート

装置遠隔監視・モニタリングクラウドソリューション

Meister Visualizer™Suite for O&M

製品の使用局面におけるライフサイクルデータをCPS(Cyber Physical System)上に統合し 迅速で最適な運用・保守業務をサポート。

事例集
次世代ものづくりソリューショントップへ

Get Adobe Reader

PDFファイルの閲覧には、
Adobe® Reader® が必要です。別ウィンドウで開きます

別ウィンドウで開きますマークの付いたリンクは、別ウィンドウで開きます。