本文へジャンプ

疾病リスク予測AIサービス

1年分の健康診断データをもとに、6年先までの疾病リスクを見える化

東芝のAI技術を活用した疾病リスク予測サービス
将来の健康状態を見える化し、生活習慣改善を促進

1年分の健康診断データをもとに6年先までの6疾病(糖尿病・高血圧症・脂質異常症・腎機能障害・肝機能障害・肥満症)のリスク(%)を予測します。その人のデータを根拠に数値でリスクを示すことで、説得力のある保健指導の実施を支援します。
また簡単なWebAPIで利用できるため、様々な健康管理アプリと連携して健康寿命延伸、医療費削減、健康経営の実現に貢献します。

こんなことでお困りではありませんか?

  • 健康診断結果を見ても、生活改善の必要性がいまいちわからない。
    また、改善しようとしてもいまいち効果が出ない。

  • 健康診断受診者にとってわかりやすく、
    きめ細やかな保健指導ができていない。

サービス利用イメージ

現在の健康診断データから将来の疾病リスクを予測

「○年後のリスクが□%」という具体的な予測結果で、生活習慣改善に向けた行動変容を促します!

  • 健康診断結果から疾病リスクが
    可視化されていてわかりやすい!

  • AIが改善候補の生活習慣を抽出し
    保険指導をサポートします!

サービス導入のメリット

    • 6年先まで予測可能
    • 1年分の健康診断データから6年先までの6疾病* のリスクが予測可能
    • *糖尿病・高血圧症・脂質異常症・腎機能障害・肝機能障害・肥満症
    • 生活習慣改善の施策立案
    • AIによって抽出された改善候補の生活習慣を、健康指導医によって実際の保健指導に繋げることが可能
    • データに基づいた保健指導
    • 健康診断データに基づいたリスクを数値で示すことで、説得力のある保健指導が可能

別ウィンドウマークの付いたリンクは、別ウィンドウで開きます。