東芝デジタルソリューションズ株式会社 本文へジャンプ

ニュースリリース

  • 日付け順一覧

ニュースリリース

エンタープライズ規模のナレッジシステム構築期間を大幅に短縮する
ナレッジマネジメント支援ソフトウェア「KnowledgeMeister V3.1」の発売について

2004年5月26日 東芝ソリューション株式会社

 
 東芝ソリューション株式会社(本社:東京都港区、取締役社長:河村進介)は、お客様の全社の情報を対象とするエンタープライズ規模のナレッジシステムの構築期間を大幅に短縮するナレッジマネジメント支援ソフトウェア「KnowledgeMeister V3.1」を商品化し、本日より販売を開始します。

 ビジネスの成長、拡大と最適化を進めるには、全社に分散する大量で多種の情報を、多部門にまたがって共有・活用することが不可欠です。大量で多種な情報を体系化し、知識として扱えるようにするナレッジシステム設計を人手で行うには多大な時間、高い技術力を必要とします。また、多くの部門からの大量の情報を効率良く収集、維持すること、重要な情報を安心して活用できるセキュリティ管理機能、運用管理機能、高信頼性も重要です。

 「KnowledgeMeisterV3.1」は、多部門にまたがった大量で多種の情報の「知識化」、「体系化」、「可視化」を支援するため、情報の収集時にコンテンツ(情報の内容)に応じた種々の処理ができるように、ユーザ固有に定義できるプログラムの組み込みを可能とする機能をサポートしました。これにより、ナレッジコンサルティングサービスと組み合わせてエンタープライズ規模のナレッジシステム設計を可能にするとともに工程の大幅な短縮を実現します。

 また、本商品は、大量の情報を効率良く収集、維持するため、高速な並列情報収集機能を用意しました。全社に分散された大量で多種の情報を並列で収集・登録を行い、ナレッジデータベースを最新の状態に更新します。これにより、全社のナレッジシステムにおける初期構築期間や、運用中の情報のリフレッシュスピードを大幅に高めることができます。

 また、Notes、Exchange、ファイルサーバなど様々な種類の情報に対応した管理ツールや、きめ細かなセキュリティ管理機能、各種設定作業のナビゲーション機能など、エンタープライズ規模のナレッジマネジメントで必要とされる管理機能を強化しました。これにより運用管理システムの構築を期間短縮できるとともに容易なシステム運用を可能にしています。

 さらに、エンタープライズ規模のナレッジシステムに欠かせない24時間365日のシステム運用や、システムの柔軟な拡張を可能にする構築・運用サービスも併せて提供します。これらにより、システムの構築スピードを高め、信頼性が高く柔軟に拡張できるナレッジマネジメントシステムを提供いたします。

 当社では、従業員数5000人規模を想定した大規模システムを、今後1年間で20社への提供を見込んでいます。

 
新商品の概要

商品名 ナレッジマネジメント支援システム
「KnowledgeMeister V3.1」
価格
(税込み)
情報収集 1,260,000円
知識共有 1,260,000円
知識分析 3,780,000円
知識蓄積 1,260,000円
文書管理 1,575,000円
統合共有サーバ 5,040,000円
クライアントライセンス   15,750円(1クライアントライセンス)
クライアント無制限ライセンス 3,360,000円(サーバ毎)
動作環境 サーバ OS Windows(R)2000 Server Service Pack4,
Windows(R) Server 2003
メモリ 1GB以上(2GB以上を推奨)
クライアント OS Windows(R)2000 Professional
Windows(R)Millennium Editon/98/95
ブラウザ Microsoft(R)Internet Explorer 5.5,6.0
Netscape(R)communicator 4.6/4.7/7.0
但し、運用管理と自然言語辞書ツールはInternet Explorer 5.5,6.0のみ)


主な特長

1.情報の「知識化」、「体系化」、「可視化」を支援する機能を強化


 KnowledgeMeister V3.1では、情報の収集時にコンテンツ(情報の内容)に応じた種々の処理ができるように、ユーザ固有に定義できるプログラムの組み込みを可能とする機能をサポートしました。この機能により、例えば、収集・検索対象となるコンテンツだけでなく、お客様毎に固有のコンテンツ関連情報(例えばコンテンツに対する評価情報など)を同時に収集・登録し、コンテンツ活用を促す情報の知識化支援機能の組み込みが可能となります。また、コンテンツの内容に応じて分類情報を付与し、構築システムの知識体系に登録するなど、情報の体系化・可視化が可能となります。本機能とナレッジコンサルティング・システム構築との組み合わせにより、全社に分散する大量で多種な情報を効率良く「知識化」、「体系化」、「可視化」し、必要なユーザに必要な情報や知識を提供するナレッジシステムを迅速に構築することが可能となりました。


2.高速な並列情報収集機能

 従来の高速アクセス処理に加え、KnowledgeMeister V3.1では、知識処理エンジンの情報収集性能の強化に加え、情報収集処理を並列実行可能とすることにより、全社に分散された情報を複数の業務サーバから並列で収集、1つのナレッジデータベースに登録を行います。これにより当社の従来商品比で収集&登録性能を処理速度で約10倍に性能向上しました(当社ベンチマークテストによる)。これにより、全社規模のナレッジシステムにおける初期データベース構築の期間の短縮や運用時の情報リフレッシュのスピードアップを実現しました。

3.運用管理機能、セキュリティ管理機能を強化

 KnowledgeMeister V3.1の新運用管理ツールは、大規模で多彩な情報源に対するシステムを効率的に運用する手段をシステム管理者・知識管理者に提供し、全社ナレッジシステムの運用管理システムの構築を短縮できるとともに、多種多量な情報リソースからの情報収集の管理・運用を容易にします。
 監視コンソール機能:情報収集・登録の状況や結果を分かり易く提示します
 ナビゲーション機能:一連の情報収集先の設定作業をナビゲートします

 また、KnowledgeMeister V3.1「文書管理」(2004/07リリース予定)では、エンタープライズ規模の文書管理システム等で要求される組織/個人別、文書単位/書棚単位のアクセス制御といったきめ細かいセキュリティ機能を組み込み、お客様毎に必要だったシステム構築の手間を削減しエンタープライズ規模のナレッジシステム構築期間の短縮を可能とします。

4. エンタープライズ規模のシステムを支えるプラットフォームサポートを提供

 ハード・ソフトからシステムまで一環したサポートを提供し、24時間365日の運用サポートにより安全・確実なシステム運用をサポートするとともに、内外の環境の変化に即座に対応できるシステム拡張性の確保、システム運用コストの低減を実現します。

 
 
*Microsoft、Windows、Exchangeは米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。
*Notesは、IBM Corporationの商標です。
* Netscapeは、米国およびその他の国における Netscape Communications Corporation 社の登録商標です。
*KnowledgeMeisterは東芝ソリューション株式会社の日本における商標です。
*その他、本文中の商品名称はそれぞれ各社が商標として使用している場合があります。


お客様からのお問い合わせ先

プラットフォームソリューション事業部
  電話:03-3457-2725      e-mail:fsinfo@toshiba-sol.co.jp

報道関係からのお問い合わせ先

人事総務部(担当:座本)
  電話:03-3457-4101      e-mail:PR@toshiba-sol.co.jp

*本商品の情報は下記の東芝ソリューションのWebサイトにも掲載しています。
      http://km.toshiba-sol.co.jp/  (別ウィンドウで開きます)



ニュースリリースに掲載されている情報(価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。
このページのトップへ