東芝デジタルソリューションズ株式会社 本文へジャンプ

ニュースリリース

  • 日付け順一覧

ニュースリリース

業務規程管理ソリューション「SimProvision」®を発売

〜XML技術を利用して効果的な文書管理を実現〜

2004年9月21日 東芝ソリューション株式会社

 

東芝ソリューション株式会社(本社 東京都港区、取締役社長:河村 進介)は、業務規程管理ソリューション「SimProvision」®を発売することを発表致します。

「SimProvision」®は、企業内で取り扱われる就業規則や品質管理規程等のビジネス文書を効率的に管理・運用することを目的として開発されたソリューションです。複数の部門を有する企業において、社内の多くの人によって閲覧され、必要に応じて頻繁に更新されるような規程文書に対して特に効果的な機能を搭載しています。

規程文書の形式として、汎用性に優れたXML(*1)形式を採用し、文書構造とスタイルの標準化を実現しています。さらに、XML形式のドキュメントを容易に編集するための機構も備え、規程文書の編集においても効率化を促進します。

また、ISO9000シリーズおよびISO14000シリーズでの文書管理システムに関しての要求事項を満たしています。価格はハードウェア込みで初期導入費用800万円からです。

SimProvisionでは、XMLを規程文書の形式として採用することで、汎用性の高い形での文書の一元管理を実現しました。また、これにより、「Web閲覧」、「新旧条文対照表」や「PDF形式での規程文書配布」といったワンソースマルチユースを実現しています。
尚、従来から難しいとされていたXML形式文書の作成は、高性能XMLエディタ
「xmlspy」(*2)との連携により、ドキュメントの作成・変更を容易にしています。

背景

「紙」を使った文書は、いまや電子文書にとって代わられようとしています。現代のビジネスシーンにおける膨大かつ貴重な情報を、確かなセキュリティのもとに的確に管理するためには、紙での運用はもはや限界です。しかし、文書の電子化において解決されていない、いくつかの問題により、多くの企業では完全な電子化に踏み切れないのが現状です。多様化した顧客や複雑化する社会情勢に対応し、常に新しい状況に対応しなければならない現代、従来の文書管理システムではなく、電子文書管理を実現したいというニーズに応え、今回発売することとなりました。

導入のメリット

 「SimProvision」では、以下の機能を搭載しています。
1. ネットワーク上での文書閲覧機能
2. キャビネット分類、目次、検索機能
3. 文書編集前後の変更箇所の参照表示機能(新旧条文対照表)
4. 文書の承認処理機能(多段階フロー設定可能・メール通知機能)
5. PDF形式での規程文書配布機能
6. 履歴情報管理機能
7. 規程XML文書の作成・編集支援機能
上記機能の搭載により、文書を閲覧する方や、文書を更新する方の、下記のような不満を解決することができます。
1. 最新の文書がどれだか分からない
2. 必要な文書がみつからない
3. どこが変わったのかが分からない
4. 変更後の公開までの手続きが複雑で時間がかかる
5. 変更のたびに配布コストがかかる
6. 変更履歴の管理ができていない
キャンペーン

「SimProvision」の発売にあたり、お客様の規程文書をSimProvisionで扱えるXML文書形式に無料で変換するキャンペーンを実施します。対象はキャンペーン期間内に「SimProvision」をご購入のお客様に限り、お客様の企業の業務規程あるいは品質規程文書の300ページ分が無料となります。

さらに、ご購入の際に年間保守契約を締結されたお客様には、年間50ページまでの変更文書もXML化します。是非ともこの機会に「SimProvision」のご購入をご検討下さい。

 (*1)「XML」について
XML(eXtensible Markup Language)はW3Cで勧告された言語の仕様(XML1.0)です。
XMLは、HTMLと同様に、SGML(Standard Generalized Markup Language)から派生してきた言語であり、文書のもつ「章見出し」「節見出し」「本文」……などの論理構造を記述することができます。タグは文書の論理構造に対応し、その構造や属性はDTD(Document Type Definition)と呼ばれるファイルに記述されます。DTDに基づいてレイアウトを行えば、異種のコンピュータでも文書の論理構造をそのまま再現することが可能となります。
SGMLの拡張性と、HTMLの軽さを取り入れ、発展させたのがXMLであり、コンピュータ間で文書の互換を行うことに適しています。

 (*2)「xmlspy」について
XML統合開発環境ソフトウェアであり、SimProvisionをご利用の際には、その中の機能の一つである「authenticビュー」機能によりワープロ感覚のXMLエディタとしてご利用いただけます。東芝ソリューション株式会社では国内における総代理店であり、日本語版の開発と販売を行っております。

*「SimProvision」は、東芝ソリューション株式会社の登録商標です。


【東芝ソリューション株式会社】 https://www.toshiba-sol.co.jp

東芝グループのITソリューション事業を一手に担う企業として、2003年10月1日に株式会社東芝 eソリューション社と東芝ITソリューション株式会社が統合し、発足しました。お客様と共に培ったさまざまなシステム構築経験・実績、ならびに独自の技術、サポート力を基盤とし、ソリューションの販売・技術・開発を一体化して、複雑化するお客様のご要望に的確かつ迅速にお応えできるソリューションの提供しています。


お客様からのお問い合わせ先

社会インフラソリューション事業部
情報ソリューション第一部 久保田
電話:042-330-6342 e-mail:xs-info@toshiba-sol.co.jp


報道機関からのお問い合わせ先

経営企画部 中村・内田
電話:03-3457-4112 e-mail:PR@toshiba-sol.co.jp

 


ニュースリリースに掲載されている情報(価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。
このページのトップへ