東芝デジタルソリューションズ株式会社 本文へジャンプ

ニュースリリース

  • 日付け順一覧

ニュースリリース

モバイルCRMのグローバル展開開始
〜株式会社東芝 セミコンダクター社でモバイルCRM導入、本格稼動〜


2004年11月10日 東芝ソリューション株式会社
エブリパス・ジャパン株式会社

 
 東芝ソリューション株式会社(以下:東芝ソリューション、本社:東京都港区芝浦、取締役社長:河村進介)とエブリパス・ジャパン株式会社(以下:エブリパス、本社:東京都港区虎ノ門、代表取締役社長:大谷俊哉)は、このたび株式会社東芝 セミコンダクター社の国内および海外における約1300名の営業を支援するためのモバイルCRMシステムを納入し稼働させました。このプロジェクトの中で、東芝ソリューションは、本モバイルCRMシステムの提案、構築(要件定義、設計、開発、テスト、本番移行支援)を実施し、エブリパスはエブリパス製品の提供と技術支援を実施しました。

概要

昨今のデジタル家電やモバイル機器市場の急激な拡大により、半導体製品に対する顧客ニーズはさらに多様化し、市場に投入されるテクノロジーのサイクルはますます短縮化されています。株式会社 東芝 セミコンダクター社が採用した今回のモバイルCRMシステムは、こうした環境のなかで、さまざまな顧客ニーズと自社の開発・製造力を結び付けて満足度の高いソリューションを提供していくため、遠隔地にいる営業に対してオフラインでの情報支援を行うものです。すなわち、製品情報、見積情報などを商談現場で参照・入力することができるようにすることで、商談のスピードアップと営業力の強化を目的としています。

ソリューションの内容

同社は、バックエンドのCRMシステム本体を変更することなくモバイル・ソリューションを実現するソフトウェアとしてエブリパスを採用しました。エブリパスのソフトウェアを利用することにより、営業は自分のノートPCに製品、見積情報等をダウンロードし、商談の現場で有効に活用できます。エブリパスが選ばれた理由は、主に次のようなものです。

必要なデータ項目のみの抽出、期間を限定したデータの抽出、柔軟なデータの抽出条件に対応できる。
Windows98ベースのNote PC から最新のものまで対応できる。
現在、本体システムとして使用中のCRMシステムと同等の使い勝手の良い画面が実現できる。
クライアントで保持する膨大な見積データに対して効率的な同期方法が可能である。
今後CRMシステム本体のバージョンアップをする際は、クライアント側におけるアプリケーション変更は最小限で済む。

↑このページのトップへ
導入の効果

今回のモバイルCRMシステムによって、同社の営業は商談の入力閲覧をはじめ、見積依頼の入力閲覧、営業活動の入力閲覧、製品情報の閲覧などをオフラインで行い、商談の入力、顧客への回答期間をスピードアップできます。とくに海外の小さな事務所(SOHO)で活動する営業や外勤の営業のモバイル化を実現したことで、生産性を飛躍的に向上させ、営業力の強化を図ることができます。
今後、同社では製品価格表のモバイル化や、営業マネージャー向けに、引合いなどに関する過去のデータやサマリーデータを参照できる機能など、新たなアプリケーションを追加し、営業力のいっそうの強化をめざしています。

<エブリパスのソフトウェアについて>
エブリパスが提供するソフトウェアである「Everypath MTA(Mobile Task Automation)」は、既存のERPシステム、CRMシステム、およびウェブサイトなどのアプリケーションに手を加えることなく、各デバイス用のプレゼンテーションやデータ定義を行うことで、あらゆるモバイル端末でのオンライン/オフラインでの利用をWebベースの同一プラットフォームで可能にする製品です。Everypath MTAの導入により、モバイル市場において、新サービスが展開されるまでの時間を短縮できる他、保守管理も容易になり、最終的には顧客チャネルの拡大や社員の生産性向上を実現することが可能となります。

<東芝ソリューション株式会社について>
東芝ソリューション株式会社(本社:東京都港区芝浦、取締役社長:河村進介)は、東芝グループのIT事業強化策の一貫として、2003年10月1日に株式会社東芝 eソリューション社と東芝ITソリューション株式会社が統合し発足しました。さまざまなシステム構築経験・実績、および独自の技術、サポート力を基盤とし、ソリューションの販売・技術・開発を一体化して、複雑化するお客様のご要望に的確かつ迅速にお応えできるソリューションを提供しています。

<エブリパス・ジャパン株式会社について>
エブリパス・ジャパン株式会社はEverypath, Inc. (本社:カリフォルニア州サンタクララ、最高経営責任者 : マーク・タプリング)の日本法人として2001年3月に設立されました。エブリパス社は既存システムをモバイルに対応させる技術をライセンスモデルで提供することにより、今日のモバイル・コンピューティングの世界をリードしています。


報道機関からのお問い合わせ先

○東芝ソリューション株式会社
経営企画部  八木(茂樹)・中村  TEL:03-3457-4112 E-mail: PR@toshiba-sol.co.jp

○エブリパス・ジャパン株式会社
マーケットデベロップメント  TEL:03-5404-3412 E-mail: j_pr@everypath.com


*掲載されている製品名、会社名、サービス名はすべて各社の登録商標または商標です。
*CRMシステム(Customer Relationship Management System): 顧客関係管理システム
*ERPシステム(Enterprise Resource Planning System):
 会計・販売・生産など企業の基幹業務を統合化した情報システムパッケージ




ニュースリリースに掲載されている情報(価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。
このページのトップへ