東芝デジタルソリューションズ株式会社 本文へジャンプ

ニュースリリース

  • 日付け順一覧

ニュースリリース

日本HPと東芝ソリューション、プラットフォーム分野で協業
HPサーバを使った高信頼性システムソリューションを東芝ソリューションが提供

2004年12月14日

日本ヒューレット・パッカード株式会社
東芝ソリューション株式会社

 
 日本ヒュ−レット・パッカ−ド株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:樋口 泰行、以下 日本HP)と東芝ソリューション株式会社(本社:東京都港区、取締役社長:河村 進介、以下 東芝ソリューション)は、ヒューレット・パッカード カンパニーと東芝ソリューションとの間で締結された契約に基づき、日本でのプラットフォーム分野で協業します。両社は、以下の内容で協業を行う予定です。

1. 東芝ソリューションは、HPのサーバ製品群「HP Integrity サーバ」、「HP 9000 サーバ」、「HP ProLiantサーバ」および関連ソフトウェア、各種周辺機器を使ったシステムソリューションの提供を開始する。
2. 日本HPと東芝ソリューションは、HP-UXの設計仕様レベルでの情報を共有し、HPサーバを利用したシステムにおいて、より高度なシステム構築、保守サービスを提供する。
3. 両社は、セミナーの共同開催や展示会への共同出展、共同広告等の協調販売活動を行う。

 HPのサーバ製品群は、日本国内のUNIXサーバ市場において7四半期連続でNO.1のシェアを獲得(*1)するなど、世界および日本国内のUNIX、Windows®、Linux各分野のサーバ市場において、トップクラスのシェアを獲得して多くの高い処理性能、信頼性、柔軟性が求められるシステムの構築実績があります。東芝ソリューションの持つ高いシステム構築技術とこれらのサーバを組み合わせることで、HP-UX、Windows、Linuxの特性を生かした柔軟で、投資効果の高いシステム提供が可能になります。日本HPは、東芝ソリューションとの協業により、サーバ事業全体を強化し、拡大していきます。

 東芝ソリューションは、お客様に最適なシステムソリューションを提供しています。今回の協業により、システムの基盤を支えるプラットフォームソリューションにHPサーバを追加し、UNIXサーバの開発やサポートで長年培ってきた技術、実績を活かして、システムのライフサイクル全般にわたる高いレベルでのサポートサービスをワンストップで提供します。また、HPサーバに、高い信頼性を実現する自社の統合クラスタソフトウェア「ClusterPerfect®」やディスクアレイ装置「ArrayFort」を組み合わせて、信頼性、可用性の高いシステムを提供します。東芝ソリューションは、プラットフォームソリューションのマルチプラットフォーム対応の強化により、システムの柔軟性を高め、お客様の要望に的確に応えていきます。

 日本HPと東芝ソリューションは、1995年より管理運用ソフトウェア「HP OpenView」、2001年より「HP ProLiant サーバ」の販売で協業関係にありました。両社は、協業関係を拡大することで、時代の変化に適応できるプラットフォームの提供力を強化し、お客様を支援していきます。

(*1)IDC Worldwide Quarterly Server Tracker, Q3, 2004

文中の会社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

お客様からのお問い合わせ先

日本ヒューレット・パッカード株式会社 カスタマー・インフォメーションセンター TEL:03-5304-6660
東芝ソリューション株式会社 プラットフォームソリューション事業部 TEL:03-3457-2725
報道機関からのお問い合わせ先

日本ヒューレット・パッカード株式会社 広報部(担当:中島)
TEL:03-5463-8570、 e-mail:Japan.PR@hp.com


東芝ソリューション株式会社  経営企画部(担当:八木(茂樹)・中村)
TEL:03-3457-4112、 e-mail:PR@toshiba-sol.co.jp

 



ニュースリリースに掲載されている情報(価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。
このページのトップへ