東芝デジタルソリューションズ株式会社 本文へジャンプ

ニュースリリース

  • 日付け順一覧

ニュースリリース

東芝ソリューションとIBMがクラスタシステムの問題判別技術で協業
〜 統合クラスタソフトウェア「DNCWARE ClusterPerfect EX」に
オートノミック・コンピューティング技術を適用 〜

2005年12月21日

東芝ソリューション株式会社
日本アイ・ビー・エム株式会社

 

 東芝ソリューション株式会社(本社:東京都港区、取締役社長:梶川茂司、以下東芝ソリューション)と日本アイ・ビー・エム株式会社(本社:東京都港区、社長:大歳卓麻、以下日本IBM)は、オートノミック・コンピューティング技術を活用し、クラスタシステムの問題判別を迅速化するための技術で協業することで合意しました。

 クラスタシステムは、ネットワーク接続された複数のサーバを協調連携させることにより、サーバシステムに障害が発生した場合にも速やかにサーバを切り替え、業務サービスの継続を可能にします。東芝ソリューションの統合クラスタソフトウェア「DNCWARE ClusterPerfect® EX」(以下ClusterPerfect EX)は、大規模なクラスタシステムを構成することが可能な、サーバ統合に適したクラスタソフトウェアです。

 一方、オートノミック・コンピューティングの問題判別技術は、OSやソフトウェアごとに生成されるログを相関させ、分析し、問題箇所の特定を迅速にする技術です。

 これまで大規模なクラスタシステムでは、ログが多数のサーバに分散するため、問題判別に時間がかかるケースがありました。東芝ソリューションと日本IBMは、複数サーバに存在するログを自動的に連携させ、問題判別を迅速にする技術を提供していきます。問題判別が迅速になることにより、対策をすばやく取ることができ、より信頼性の高いシステムの提供が可能になります。

 具体的には両社は以下の活動を行います。

(1) 東芝ソリューションは2006年第2四半期に、ClusterPerfect EXのログを、共通イベント形式であるCBE(Common Base Event)に合わせます。
(2) 東芝ソリューションは、複数のサーバに存在するログを連携させ、クラスタシステムの問題判別を容易にするためのルール設定モジュールを開発します。
(3) 両社はこれらの技術により、クラスタシステムの問題判別が、迅速に行えることを共同で検証します。

 なおClusterPerfect EXは、IBM コーポレーションが6月に発表した「IBM Self-Managing Autonomic Technology」ロゴを取得する予定です。

  • DNCWARE ClusterPerfectは、東芝ソリューション株式会社の登録商標です。
  • その他の社名、製品名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。


 
お客様からのお問い合わせ先

東芝ソリューション株式会社
プラットフォームソリューション事業部
e-mail:cluster@toshiba-sol.co.jp
商品情報ホームページ http://clusterperfect.toshiba-sol.co.jp

日本アイ・ビー・エム株式会社
ダイヤルIBM 
電話:0120-04-1992
オートノミック・コンピューティングについて http://www.ibm.com/jp/autonomic/ (別ウィンドウで開きます)
マーク・プログラムについて
  http://www.ibm.com/jp/autonomic/partners/mark/index.shtml


報道機関からのお問い合わせ先

東芝ソリューション株式会社 経営企画部 (広報担当:八木、中村)
電話:03-3457-4112 e-mail:PR@toshiba-sol.co.jp

日本アイ・ビー・エム株式会社 広報 (栗原)
電話:03-5563-4305  e-mail:marron@jp.ibm.com



ニュースリリースに掲載されている情報(価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。
このページのトップへ