本文へジャンプ

ニュースリリース

東芝マネージドサービス「Albacore™」を提供開始 ~ ビジネスの進化を支え、CPSを実現するIT運用サービス ~

2019年10月8日

東芝デジタルソリューションズ株式会社

別ウィンドウで開きます マークの付いたリンクは別ウィンドウで開きます

 東芝デジタルソリューションズ株式会社(以下、当社)は、お客さまのIT運用をトータルにサポートし、継続的なシステム改善を実現するマネージドサービス「Albacore™(アルバコア)」の提供を開始します。

 Albacoreは、ITシステムの維持・メンテナンスにとどまらず、最適化・自動化を進めながら、継続的な改善を実現する運用サービスです。東芝の幅広い事業領域で培った運用経験に基づき、最新のクラウド、IoT、AI、OSS等のテクノロジーを取り込み、成長し続けるお客さまのビジネスに貢献します。サイバー・フィジカル・システム(CPS)を実現する、エッジからオンプレミス/クラウドにわたるインフラストラクチャーの運用をフルレイヤーでサービス提供します。
 さらに、契約管理などのバックエンド業務サービスやサービスデスク、アプリケーション運用まで含めた充実したオプションサービスもラインアップとして揃えます。今後も、ITシステムの導入・運用負荷を削減し、最適なビジネス環境を実現するためのサービスラインアップの拡充を予定しています(図1)。

図1 お客さまのビジネスの成長を支える「東芝マネージドサービス」
図1 お客さまのビジネスの成長を支える「東芝マネージドサービス」

このページのトップへ

 サービスラインアップの一つであるクラウドマネージドサービスでは、クラウドを活用するために必要とされる企画から設計・構築、運用までをワンストップで提供。AWS(Amazon Web Services)、Microsoft Azure、Oracle Cloudなどに対応しており、それぞれの特長を組み合わせて、お客さまのビジネス要件に合わせて最適なマルチクラウド環境を提案します(図2)。

図2 クラウド活用をワンストップでサポートする「クラウドマネージドサービス」
図2 クラウド活用をワンストップでサポートする「クラウドマネージドサービス」

このページのトップへ

 近年、ITはとどまることなく進化を続けています。また、CPSによる社会変革も、今まさに本格化しようとしています。進化し続けるITをスピーディーに取り入れ、ビジネスの変化に継続して対応することが、企業を維持発展させるための重要な条件となっています。一方で、ITシステムの日常のオペレーションを担う人材不足が深刻化しており、企業の情報システム部門では複雑化するシステムの運用負担増が課題となっています。拡張性や初期コストなどの点で導入しやすいことから、クラウド環境を選択する企業も増えており、 ベンダーごとに異なるクラウドの特性や障害時の対応に精通した人材も求められています。こうした中、ITシステムの運用や、監視、保守、障害時の対応などを請け負うマネージドサービスへの需要が高まっています。

 当社は、東芝の幅広い事業領域で培った運用経験と高い専門性に基づいたマネージドサービス「Albacore」の提供を通して、IoTやAIなどのデジタル技術の活用による企業の業務改善やビジネス創出の取り組みを支援するとともに、今後本格化するCPS社会におけるビジネス環境の変化にも迅速に対応し、お客さまのビジネスの成長に貢献していきます。

Albacore(アルバコア)について

"Alba"は、イタリア語で"始まり"を意味します。"Core(中核)"と合わせて、お客さまが新しいコアとなるビジネスを創造し、成長を続けることをイメージしています。また、"Albacore"は、マグロの品種の英名であり、世界中の海を躍動的に絶え間なく泳ぎ続けるイメージで、お客さまのビジネスと、その進化をとめないとの想いを込めています。

  • * Albacoreは、東芝デジタルソリューションズ株式会社の商標です。
  • * Amazon Web Services、“Powered by Amazon Web Services”ロゴ、その他のAWSサービスは、米国その他の諸国における、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
  • * Microsoft、Microsoft Azure、Windows、Windows Serverは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
  • * OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。
  • *その他、本文章に記載されている社名及び商品名はそれぞれ各社が商標または登録商標として使用している場合があります。

以上