本文へジャンプ
あなたも参加してみよう!新規ビジネス種探しワークショップ

東芝デジタルソリューションズでは2018年11月8日(木)、9日(金)の2日間、TOSHIBA OPEN INNOVATION FAIR 2018を開催いたしました。
私達は今までの取組の様子をご紹介した展示の出展と共創のきっかけとなるワークショップの体験セミナーを行いました。その時の様子をご紹介いたしますので、ぜひご確認ください。

ワークショップイメージ写真 ワークショップイメージ写真 ワークショップイメージ写真

あなたも参加してみよう!
新規ビジネス種探しワークショップ

ワークショップイメージ写真 ワークショップイメージ写真 ワークショップイメージ写真

セミナー枠においては、「あなたも参加してみよう!新規ビジネス種探しワークショップ」を開催いたしました。
新しいアイデア、新しい価値を生み出す際に必要となる「共創」。新規事業の創出に今や無くてはならない考え方です。新規ビジネスの種を探し、芽を見出し、育てていく。そのための「共創」の手法として、東芝の共創ツールであるIdea Wall Map®を実際にご体験いただきました。限られた時間の中でのミニワークショップでありながらも、そのエッセンスを参加者の方々に体感いただける実りある時間となりました。

開催日時および開催場所

参加対象TOSHIBA OPEN INNOVATION FAIR2018の本セミナーに事前にご予約いただいたお客様
日時2018年11月9日(金)10:15~12:00
場所グランドニッコー東京 台場 Track B

アジェンダ

10:15~10:20はじめに(ご挨拶、注意事項)
ワークショップの目的
10:20~10:30東芝の共創ツール Idea Wall Map®のご紹介
10:30~11:50ワークショップ体験
  • 本日のテーマのご説明
  • Idea Wall Map®を使用したグループワーク実施
  • Idea Wall Map®を使用した個人ワークの実施
  • アイデアシートの作成
11:50~12:00おわりに(クロージング、本日の振り返り、アンケート記入)

講師、ファシリテーターご紹介

東芝デジタルソリューションズ株式会社と株式会社東芝 デザインセンターのIdea Wall Map®によるアイデア創出法を熟知したものがファシリテーター、テーブルファシリテーターを務めました。

綿引 賢

東芝デジタルソリューションズ株式会社
プロダクト&サービス事業推進部
企画部 部長

飯伏 直美

東芝デジタルソリューションズ株式会社
プロダクト&サービス事業推進部
営業部 主任

加藤 善裕

株式会社東芝
デザインセンター デザイン第一部
HCD-Net認定 人間中心設計専門家
ヒューマンインタフェース学会 会員

玉井 マルゴー

株式会社東芝
デザインセンター デザイン第一部

近藤 晴子

株式会社東芝
デザインセンター デザイン第一部

麻野 由侑子

東芝デジタルソリューションズ株式会社
プロダクト&サービス事業推進部 企画部

ワークショップ概要

最初になぜワークショップ・共創が今の時代必要なのかをお話ししたのち、東芝独自の共創ツールであるIdea Wall Map®(※)の成り立ち、背景、使用方法についてご説明いたしました。その後実際に参加者の皆様にIdea Wall Map®を使用したワークショップにご参加いただきました。
5つのグループに分かれていただき、ファシリテーター、テーブルファシリテーター主導の元ワークを行いました。

  1. ワークショップルールの確認
    「自由奔放」「質より量」「批判禁止」「相乗り歓迎」。このルールを破った方は罰金100円とファシリテーターからお達しが出ました。ワークショップにはそれだけ大事なルールです。
  2. アイスブレイク
    簡単な自己紹介の後、チーム全員とハイタッチを行います。
  3. Idea Wall Map®を使用したワーク開始
    (1) Idea Wall Map®を知るためにご自身の企業の事業領域のキーワードにシールを貼ります。
    (2)今回のテーマは「“たのしいこと”を仕事にして、“社会課題を解決する”」です。まずは参加者の方々のたのしいこと、やりたいこと、極めたいこと…。これらのキーワードにシールを貼っていただきます。
    (3)次にみなさんの気になる社会課題にシールを貼っていただきます。
    (4)「たのしいこと」と「気になる社会課題」を俯瞰してみます。それぞれのキーワードを関連づけ、関連づけた理由やアイデアを付箋に書き出し、貼っていきます。
    (5)最後に付箋に書き出したアイデアを基に個人でアイデアシートにアイデアを落とし込みます。
  4. クロージング
    ワークショップを行った後、今後のブラッシュアップへ向けての取組方法の簡単な説明を行いました。

本来はこのアイデアシートをグループ内で共有、更に深堀を行いたいところでしたが、限られた時間内ということもあり今回はここまでとなりました。
最後にご提出いただいたアンケートからも、非常に本ワークショップに興味をもっていただいた様子がうかがえました。皆様に少しでも共創、新規ビジネスの種を持ち帰っていただけたならば、事務局としても嬉しい限りです。

(※)Idea Wall Map®:あなたも参加してみよう!新規ビジネス種探しワークショップ使用ツールの説明をご確認ください。

あなたも参加してみよう!新規ビジネス種探しワークショップ使用ツール

今回のセミナーで使用したツールは下記になります。

ペルソナ法 Idea Wall Map®キーワード版
世の中の様々なトピックを個人の視点・社会の視点から俯瞰しつつ、アイデア検討するためのフォーマット。論点を可視化することで意識を共有し、気づきを誘発するためのツールです。
セミナー写真
  • セミナー写真
  • セミナー写真
  • セミナー写真
  • セミナー写真
  • セミナー写真
  • セミナー写真
  • セミナー写真
  • セミナー写真
  • セミナー写真

TOSHIBA OPEN INNOVATION FAIR2018 出展展示

ワークショップイメージ写真 ワークショップイメージ写真 ワークショップイメージ写真

展示ブースでは、「ビジネスの種成長させましょう!~ワクワクする未来に向けて~」と題し、お客様・パートナー様との取組、共創によるイノベーションの取組を紹介いたしました。
今までの共創の取組の中で生まれた“ビジネスの種”として下記3点をご紹介いたしました。

ビジネスの種 ~種まき~

「種まき」の段階~シーズからアイデアの種~
BIGLOBE様の小型IoT端末と東芝デジタルソリューションズのRECAIUS、ifLink(IoT技術)を使って事業を始められないかと共創中です。

ビジネスの種 ~発芽~

「発芽」の段階~アイデアソンででたアイデアの種~
東芝ICTパートナープログラム事務局として取り組んできたアイデアソン等の一連のワークショップよりでたアイデアを何度もブラッシュアップを重ね、CYBIRD様というパートナー様を得て、モックアップを作成できるまでに成長しました。(CYBIRD様のキャラクター椎名乙葉ちゃんの声で起こしてくれる目覚ましアプリです。)来年には製品化も検討されています。今後も更に成長していきたいと考えております。

ビジネスの種 ~開花~

「開花」の段階~社内利用システムからのパッケージ化~
ラゾーナ川崎東芝ビルに来訪される方々からのご要望を受け、当ビルで使用している来訪者管理システムをパッケージ化、販売に至りました。

加えて、来場者の皆様と一緒にイノベーションを起こしていくきっかけの場を設定いたしました。 お客様の強みを見える化し、その強みを用いて一緒に種探しを行いました。
来場者の皆様からは、東芝は物売りだけだと思っていた、アイデアソンから形に持って行ったことが素晴らしい、一緒に共創をしてみたい等様々なご意見をいただけました。
来場者の方々に私達の取組、思いを届け、それを共有する事ができた展示ブースとなりました。

セミナー写真
  • セミナー写真
  • セミナー写真
  • セミナー写真
  • セミナー写真
  • セミナー写真
  • セミナー写真
  • セミナー写真
  • セミナー写真
  • セミナー写真

別ウィンドウで開きます マークの付いたリンクは、別ウィンドウで開きます。