本文へジャンプ

一歩進んだ業務自動化 文字認識クラウドサービス

FAQ

AI OCR文字認識サービス

読み取り機能に関する質問

QOCRの知識を持っていないのですが、使えますか?
A使えます。ユーザーインターフェースを通じて、キーワードの登録や読み取り範囲の指定操作でお使いいただけるため、専門知識は必要ありません。
Q利用者のユーザー登録は一括でできますか?
Aできます。エクセルファイルを編集し、当該ファイルをアップロードすることで登録が可能です。
Q帳票定義情報のインポート/エクスポート機能は使えますか?
A使えます。設定の手間を軽減することができます。
Q再販は可能でしょうか?(お客様システム・アプリケーションに当社AI OCRを組み込んでエンドユーザーに再販するケース)
A現在は、再販条件などを都度ご相談の上、対応させていただいております。お手数ですが、ターゲットとなるお客様や読み取り枚数、運用などについて、個別にご相談させていただきます。

読み取り性能に関する質問

Q縦書きは読めますか?
A現在の読み取り仕様では、対応していません。
Qスタンプ印や取り消し線などが入った文字列を読めますか?
A現在の読み取り仕様では、対応していません。
Q地紋・背景が印刷されている上に書かれた文字列を読めますか?
A現在の読み取り仕様では、対応していません。
Q定型読み取りについて、ブランク帳票(空白帳票)は必須ですか?
Aブランク帳票は必須です。
(丸囲い文字やチェックボックスなどの読み取りで精度に影響が出る場合があります。)
Q定型読み取りについて、外枠(外周)が無い領域の読み取りは可能ですか?
A現在の読み取り仕様では、対応していません。ただし、読み取りができる場合があります。詳しくは帳票を使ったテストが必要になります。
Q非定型読み取りについて、表の見出し(上部)が白抜きされた文字列が書かれた帳票の読み取りは可能ですか?
A現在の読み取り仕様では、対応していません。

契約に関する質問

Q契約したいのですがどうすればよいでしょうか。
A対象帳票の読み取りテストを弊社にて実施します。テスト結果を共有後、お客様にトライアル環境をご利用いただき、操作性、認識結果などをご体感いただいた上で、契約のお話を進めさせていただきます。
Qサービス仕様や契約書を確認したいのですが。
A弊社担当営業または、お問合せページからご連絡ください。
Qトライアル環境を利用したいのですが。
A弊社担当営業または、お問合せページからご連絡ください。
(弊社が実施する読み取りテストを経て、トライアル環境をご利用いただく流れを基本としています。)

本人確認書類読取サービス

読み取り機能に関する質問

Qクラウドサービス(標準画面)として利用できますか?
Aできません。本サービスはAPIを利用したサービスとなります。画面やアプリケーションの作成はお客様にお願いしています。
Q認識エンジンを個別でカスタマイズして提供してもらうことは可能ですか?
A原則対応していません。カスタマイズの内容をお聞きした上で対応可否を含めて都度相談させていただきます。

読み取り性能に関する質問

Q運転免許証の裏面は読めますか?
A現在は対応していません。記載有無等の確認結果についてのみ現在計画中です。
Q旧姓対応はしていますか?
A2020年9月をめどに対応する予定です。

契約に関する質問

Q契約方法を教えてください。
A弊社との間でNDAを締結させていただき、API仕様書などの技術文書をご確認いただくとともに、ユースケースについて共有させていただきます。
詳細はお打ち合わせにて決定します。
Qお客様サービスへの組み込み(間販)は可能でしょうか?
Aお客様サービスやシステムへの組み込みによるご利用は、ビジネス規模やターゲット顧客などを確認させていただき、都度相談となります。

実績に関する質問

Q実績について教えてください。
A2000年に免許証(実物)の読み取り技術を確立して以降、個別システムへの組み込みを含め、20年以上、7万台以上のライセンスを提供しています。金融機関をはじめ、レンタル・リース会社様などでもご採用いただいております。