本文へジャンプ

一歩進んだ業務自動化 文字認識クラウドサービス

認識機能

定型読み取り

フリーピッチ(外枠)内の手書き文字(住所、氏名、数字)の読み取りに対応します。
活字との混在読み取りも可能(活字・手書き自動判別機能)です。

特長

  • マウスで簡単に読取位置指定ができます。
  • 氏名、住所、数字など辞書を当てることで読取精度を向上させます。
  • 数字1文字ごとに罫線で区切られていても、連続した数字として読み取ります。
  • チェックボックスや丸囲いの読み取りも対応します。

定型読み取りのイメージ

非定型読み取り(項目サーチ)

定義ファイルに書かれた言葉(見出し語)を文書の中から探し、見出し語の「右」または「下」にある文字列を自動で認識します。

非定型読み取り(項目サーチ)のイメージ

非定型読み取り(見出しプリセット:請求書)

見出し語の登録など個別設定は不要です。請求書の内容を自動で読み取ります。

読取り項目

  1. 請求書番号
  2. 請求書発行日
  3. 銀行口座(銀行名、支店名、口座番号に分割。口座種別はタグの違いとして出力)
  4. 本体金額
  5. 消費税
  6. 税込価格
  7. 請求書宛先名
  8. 請求元会社名
  9. 税率別対象額
  10. 税率別課税額
  11. 登録番号

*税率別金額や登録番号が記された請求書。詳細は以下。
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shohi/6498.htm

非定型読み取り(見出しプリセット:請求書)のイメージ

全テキスト読み取り

帳票に印字された文字列(活字)を行単位ですべて認識します。

全テキスト読み取りのイメージ