本文へジャンプ

一歩進んだ業務自動化 文字認識クラウドサービス

その他の機能

帳票識別機能

帳票内の場所、用語を登録することで帳票を識別することができます。複数の帳票が混在した状態でも仕分けして読み取ることが可能です。
帳票ごとに専用の帳票IDフィールド(識別するための目印)を決めておき、そのフィールドの認識結果により、使用する帳票定義を自動で指定します。

帳票識別機能のイメージ

Point1帳票IDフィールドは1帳票に3つまで指定可能

帳票IDフィールドは1帳票に3つまで指定可能のイメージ

Point2識別設定は、わずか3プロセス!

識別設定は、わずか3プロセス!のイメージ

Point3全テキスト読み取りモードで帳票の文字を認識し、識別フィールドとして追加

全テキスト出力モードで帳票の文字を認識し、識別フィールドとして追加のイメージ

管理機能

文字認識後、訂正、チェックを行う回数や作業者の指定など、業務に応じた管理機能を実現します。

管理機能のイメージ