本文へジャンプ

※ ご入力いただいたお客様の個人情報は、
暗号化され保護されます。


導入のメリット

情報の精度向上

クラウドを活用した知財管理データの精度・鮮度・充足度の向上

コスト削減

保有特許の評価情報の収集・見える化による知財資産の有効活用

時間の効率化

翻訳や文章診断の活用による事業展開国の特許調査や出願の効率化

東芝の考え:知的財産管理で取り組むべきこと

グローバル市場での事業戦力に即した創造的知財戦略の立案

管理

グローバルでの知財戦略を
正確、かつタイムリーに立案

海外法人を含めた知財管理データの
一元管理と精度、鮮度、充足度の向上

調査

グローバル市場、事業の拡大を
意識した外国出願を適切に実行

事業展開国の公知例調査や
出願の効率化

見える化

既出願特許の事業への活用促進と
非活用特許の放棄・売却

グローバルでの知財戦略を
正確、かつタイムリーに立案

ラインアップ

  • クラウドの特性を活かしたタイムリーかつ正確なデータ管理
  • 東芝が長年培ってきた自然言語処理技術による自動分類、翻訳、文章診断
  • 東芝グループで培った知財運用ノウハウを機能として組み込み

特許ライフサイクル

※「HYPAT-i」は、株式会社発明通信社が提供するインターネット特許情報検索サービスです。

製品概要

知財管理サービス

  • 出願、評価、契約、経費など様々な知財管理データをクラウドを活用して効率的に管理
  • 特許庁の整理・標準化データの取込み、特許事務所や共願人などとの情報交換をクラウド上でタイムリーに実施

評価情報収集サービス

  • 維持・放棄調査に必要な評価・実績情報を効率的に収集、特許の有効活用を促進

文書分類・分析サービス「Eiplaza/DA」

  • 国内、海外(中国語、英語)の大量の特許情報や評価情報を自動的に分類し、見える化
  • 教師あり分類エンジンで類似特許を容易に抽出、無効資料調査や先行技術調査を効率化

機械翻訳サービス「The翻訳クラウド」

  • 特許翻訳専用の解析処理・辞書・用例を装備、事業展開国の特許調査を効率化

契約管理サービス

  • 特許に紐づく契約(共同研究、専用実施など)を一元管理

送受信管理サービス

  • 特許事務所や出願者、共願者との校閲時のファイルのやりとりを効率化
  • 図面などの大容量でメールで送れないファイルを簡単な操作で共有

知財業務自動化ソリューション(RPA) NEW!!

  • 海外出願の書類登録、請求情報入力、データ照合/突き合わせ確認など定型業務を
    RPAにより自動化

知財帳票業務自動化ソリューション(RPA+OCR) NEW!!

  • 帳票を扱う業務に対応! RPAロボットが利用できるよう、文字認識(OCR)連携を最適化

音声書き起こしサービス

  • ボイスレコーダーで録音した発明者のヒアリング音源の書き起こしを支援
  • 明細書作成時の書き起こし作業を効率化

知財部門向けBPOサービス

  • 紙の特許資料を電子化からシステムへの登録までを特許ノウハウを持ったメンバがサポート

お客様インタビュー

愛知機械工業株式会社 様

愛知機械工業株式会社様

自動車に関連した「モノづくり」で国内屈指の長い歴史を持ち、クラウドシステムを外部の特許事務所などとも共有し、連携している愛知機械工業様にお話を伺った。


大成建設株式会社様

大成建設株式会社様

知的財産を重視した企業経営を推進されている総合建設業の大成建設様に、特許、商標、契約管理の3つのシステムを同時に導入し、どういった部分にメリットを感じているのかお話を伺った。


株式会社フジタ様

株式会社フジタ様

長い歴史と高い技術力で知られ、建設関連事業を国内外で幅広く展開している総合建設業のフジタ様より、知財管理の専用システムを導入するに至った理由を伺った。

株式会社ゼンリン様

株式会社ゼンリン様

国内最大手の地図制作会社であるゼンリン様より、法務・知的財産部 知財業務課のお二方にお話を伺った。

特集:東芝 知的財産室長インタビュー

株式会社東芝 技術統括部 知的財産室 室長 下川原郁子氏

オープン・イノベーションの状況下で新たな課題に対する解決策の一つとしてAIを駆使した特許システムが期待されている。
特許調査の需要がますます増えていく中で、現場のニーズとマッチした「特許システム」とは何か。
戦略的な特許活動を推進する東芝グループは、こうした新時代の知財戦略をどのように考えるのだろうか。東芝の知的財産室・室長に話を聞いてみた。


導入事例

KDDI株式会社

KDDI株式会社

クラウド利用により稼働が安定。自動化のレベルが向上し、業務効率化と進捗の見える化による管理性向上を実現した。


パナソニックIPマネジメント株式会社

パナソニックIPマネジメント株式会社

細かく条件設定を行うだけで、自社の業務に合ったシステム構築が可能となり、求めていたシステム化を実現できた。


株式会社東芝

株式会社東芝

意匠権の管理を目的に導入、社内各カンパニーに分散していた管理基盤を統合、業務の効率化と競争力の強化につながる環境を短期間で整備した。


株式会社帝人様

株式会社帝人様

テキストの効率的な解析により、特許の見える化を実現。高速な解析や様々な切り口でのアウトプットが可能となり、“新たな気付き”にも繋がった。

トピックス

お知らせ2018年5月31日

知財帳票業務自動化ソリューション(RPA+OCR)」を公開しました。

お知らせ2018年3月20日

導入事例「KDDI株式会社」を公開しました。

お知らせ2018年2月15日

知財業務自動化ソリューション(RPA)」を公開しました。

イベント情報バックナンバー

2017 特許・情報フェア&コンファレンス

開催日:2017年11月8日(水)~10日(金)

資料ダウンロード

Eiplaza特許業務ソリューションのご案内資料をダウンロードいただけます。

対象サービス

  • 知財管理サービス
  • 評価情報収集サービス
  • 文書分類・分析サービス「Eiplaza/DA」
  • 機械翻訳サービス「The翻訳クラウド」
  • 契約管理サービス
  • 送受信管理サービス
  • 知財業務自動化ソリューション(RPA)


※ ご入力いただいたお客様の個人情報は、
暗号化され保護されます。

お気軽にEiplaza特許業務
ソリューション担当まで

Get Adobe Reader

PDFファイルの閲覧には、
Adobe® Reader® が必要です。別ウィンドウで開きます

別ウィンドウで開きますマークの付いたリンクは、別ウィンドウで開きます。