本文へジャンプ

セキュリティ認証基盤

セキュリティ認証基盤サービス 認証基盤 ― PKI(公開鍵認証基盤)

DigiCert Managed PKI Serviceサポートサービス

パブリックマネージドPKIで世界中で通用する電子証明書を、プライベートマネージドPKIでお客様の独自ブランド電子証明書を発行することができます。当社はお客様のシステム状況に応じたカスタマイズを実施しながら、導入コンサルテーションから運用・管理まで、時代の先端をいく電子認証ソリューションをトータルサポートします。

  • 認証局設備をアウトソーシングすることにより、維持管理コストを削減することができます。
  • 世界中で信頼される証明書を利用した、高付加価値サービスを実現することが可能です。
  • 従業員データベースなどと連携した柔軟なセキュリティシステムを実現できます。

利用者本人認証PKI/ICカードシステム「TARGUSYS(ターガシス)」

利用者本人を認証するための技術としてPKI(公開鍵暗号基盤)を応用したICカードによる利用者認証システムです。

  • 利用者がネットワークを通じて情報資産にアクセスしようとしたとき、CA(認証局)が発行した電子証明書により、利用者が正当な本人であることが証明されて初めて、情報資産へのアクセスを許します。
  • 作成した文書やメールに電子署名をつけ、さらに暗号化して送信・保存できます。
  • 個人を特定できるカードのため、従業員証・会員証等にも利用でき、入退室管理への適用など、物理的なセキュリティの確保にも使用できます。

電子入札用LDAPプロキシパッケージ

電子入札コアシステム対応クライアントが外部と通信する方式として定められているプロトコルLDAPは、多くの企業ではファイアーウォールを通過することができないため、企業内ネットワークと別のインターネット回線を用意するか、あるいは企業のセキュリティポリシーを大幅に見直す必要がありました。
「電子入札用LDAPプロキシパッケージ」は、TypeAクライアントと外部とのLDAP通信を中継することにより、専用インターネット回線を必要とせず、企業のセキュリティポリシーを大幅に変更することなく、企業内のイントラネットにあるPCから電子入札が可能となります。
これにより、政府電子入札システムを導入するコストが低減され、企業のセキュリティポリシーの大きな変更も不要になりますので、より手軽に政府電子入札を行うことが可能になります。